寝具、寝室の環境を変えることで不眠を解消

寝具、寝室の環境を変えることで不眠を解消

不眠症改善

 

私は1,2年前、酷い不眠に悩まされていました。職場での多重なストレスと忙しい毎日がきっかけで、退職してからも不眠体質を引きずるようになりました。

 

現在もまだ6時間程しか眠れず、寝起きの疲れは完全には取れていないのですが確実に前より寝付きはよくなりました。

 

一番に、まず枕を替えました。ホテルで使われていたテンピュールのクラウドコンフォートピローが快適だったので、これを取り寄せて使っています。
枕が大きいので派手に寝返りを打っても問題ないですし、適度な柔らかさが心地いいと思います。

 

次に、アロマを試しました。不眠に悩む私に祖母がオレンジとラベンダーの精油を買ってきてくれたのです。これをブレンドして寝る前に香らせてみると、神経が落ち着いてリラックスできるようになりました。緊張しやすい体質なので、この効果は大きかったと思います。

 

不眠によく聞くのが上記の組み合わせですが、毎日使っていると耐性がついて効かなくなるのでたまに使用を止めたり、他の精油を使ったりもしました。
最後に、眠くない頃にベッドに入ることです。

 

なかなか眠くならないタイプの人は、眠くなってから寝るのでは遅いです。

 

なので早めにベッドに入り、その中で本を読んだり、あるいは目を閉じて何もしなかったりします。
そうすると次第に緊張が解れて眠気を感じてくるので、自然に眠れるというわけです。

 

最後に不眠症に悩んでいる人におすすめのサイトを紹介しておきます。
不眠症改善ドットコム

関連ページ

良質な睡眠をとるために心がけましょう
突然ですが、みなさんはちゃんと眠れているでしょうか。 一日の三分の一をベッドで過ごすと言われている現代人。働いている時間より、食事をしている時間より、睡眠に使う時間というのは重要なのです。寝つきが悪かったり、途中で目覚めてしまったりしてはいないでしょうか。
合わない枕と体の負担、運動不足が不眠の原因かも
1年を通して考えたときに、寝つきが悪い時期は確かにあります。 寒い冬や、夏の暑い盛りは、気温の関係で布団に入って寝ても何回も目が覚めることが多いです。 その他にも目が覚める行為があり、寝返りや夜のトイレです。そんな翌日は、睡魔が襲って来たり、疲れているので食欲がないことがほとんどです。
睡眠に良いと思われる事をやめてみました
以前の私は、床に就くと物の数分で眠りに就き、夜中にほとんど目が覚める事もなく、朝までぐっすりと眠れていました。ですがここ最近は、それが崩れ始めてしまったのです。 床に就いても30分ほど眠れず、眠れても夜中に何度も目が覚めてしまい、ぐっすり眠る事が出来なくなってしまいました。そのおかげで朝起きても寝た気がせず、体や頭の疲れが取れていないのです。
ぐっすり眠るための対策
不眠症改善のこと
私の不眠症歴は長いです。 物ごころついた頃から入眠困難気味でした。 赤ん坊の頃、あまりに寝付かないので親が哺乳瓶に睡眠剤を入れたくなる位だったという逸話も聞かされています。