ぐっすり眠るための対策

不眠症

 

今現在、不眠症の悩みを抱えています。

 

毎日ぐっすり眠れる日がほとんどないので、不眠症対策は色々と試みてはいます。

 

今まで枕は何度も買い換えました。
低反発枕、そば殻枕、羽枕、パイプ枕、ビーズ枕など多々試しましたが、しっくりくるものがなかった為、今はバスタオルを自分の首の高さに折って調節して使っています。

 

それが一番今のところ合っていると思います。

 

そして不眠に効くというサプリメントを取ったり、寝る前にカフェインを控えたり、ぬるめのお風呂にゆっくり浸かったり、寝る前はパソコンやスマホを見るのを止めたりと、色んな方法を試してはいるものなかなか改善しません。

 

性格的にも神経質なところがあって、心配事や逆に次の日に楽しみにしているイベントなどがあっても全然寝る事が出来なくなります。

 

今、50代なのですがまるで小学生の子供のようです。
そんな中で一番効果的なのは、とにかくクタクタになるまで体を使って、運動なり家事なりをすれば比較的寝付きも良く、朝まで目も覚めなくなりようです。

 

これが毎日続けば良いのですがなかなか難しく、実行できないのが現実です。これからは季節も良くなってくるので、ウォーキングや体を使った雑巾がけ、窓ふきなど頑張って夜ぐっすりと寝られるようにしたいものです。あとは心配性な性格を少し直して、気持ちのゆとりをもって楽に生活していけば改善出来るのかと思います。

関連ページ

良質な睡眠をとるために心がけましょう
突然ですが、みなさんはちゃんと眠れているでしょうか。 一日の三分の一をベッドで過ごすと言われている現代人。働いている時間より、食事をしている時間より、睡眠に使う時間というのは重要なのです。寝つきが悪かったり、途中で目覚めてしまったりしてはいないでしょうか。
合わない枕と体の負担、運動不足が不眠の原因かも
1年を通して考えたときに、寝つきが悪い時期は確かにあります。 寒い冬や、夏の暑い盛りは、気温の関係で布団に入って寝ても何回も目が覚めることが多いです。 その他にも目が覚める行為があり、寝返りや夜のトイレです。そんな翌日は、睡魔が襲って来たり、疲れているので食欲がないことがほとんどです。
睡眠に良いと思われる事をやめてみました
以前の私は、床に就くと物の数分で眠りに就き、夜中にほとんど目が覚める事もなく、朝までぐっすりと眠れていました。ですがここ最近は、それが崩れ始めてしまったのです。 床に就いても30分ほど眠れず、眠れても夜中に何度も目が覚めてしまい、ぐっすり眠る事が出来なくなってしまいました。そのおかげで朝起きても寝た気がせず、体や頭の疲れが取れていないのです。
不眠症改善のこと
私の不眠症歴は長いです。 物ごころついた頃から入眠困難気味でした。 赤ん坊の頃、あまりに寝付かないので親が哺乳瓶に睡眠剤を入れたくなる位だったという逸話も聞かされています。