不眠症改善のこと

不眠症改善のこと

不眠症

 

私の不眠症歴は長いです。

 

物ごころついた頃から入眠困難気味でした。
赤ん坊の頃、あまりに寝付かないので親が哺乳瓶に睡眠剤を入れたくなる位だったという逸話も聞かされています。

 

「先天性」に近いものがあるように思っています。

 

睡眠がしっかりと取れないと、やはり精神不安を起こしやすくなります。習慣性、依存性なども気にはなりますが、時と場合に応じて、入眠剤を飲む事もあります。

 

この入眠剤は、一般内科でも処方して貰えるかもしれません。市販よりは良いと思います。私は、以前、手持ちの処方薬が切れてしまい、やむなくドラッグストアで睡眠導入剤を購入して服用したのですが、あまり合いませんでした。ぼんやりとした状態になり、神経はマヒしているけれど睡眠には至りませんでした。肩凝り用の内服薬のアンプルを飲んだ時も同様な感じがしました。

 

頑固な不眠体質ではありますが、出来れば「自然」に、薬に頼らずに眠れる方法も試してきました。即効性があるのは、「カモミール」のハーブティーをマグカップにたっぷりと濃いめに淹れて飲む事です。

 

カモミールの鎮静作用は天然成分なので、心地が良く、ふんわりと眠気に包まれて気がついたら朝まで眠っていたという事もありました。ヒーリングミュージックなども、周波数が計算されているので以外と眠れます。

関連ページ

良質な睡眠をとるために心がけましょう
突然ですが、みなさんはちゃんと眠れているでしょうか。 一日の三分の一をベッドで過ごすと言われている現代人。働いている時間より、食事をしている時間より、睡眠に使う時間というのは重要なのです。寝つきが悪かったり、途中で目覚めてしまったりしてはいないでしょうか。
合わない枕と体の負担、運動不足が不眠の原因かも
1年を通して考えたときに、寝つきが悪い時期は確かにあります。 寒い冬や、夏の暑い盛りは、気温の関係で布団に入って寝ても何回も目が覚めることが多いです。 その他にも目が覚める行為があり、寝返りや夜のトイレです。そんな翌日は、睡魔が襲って来たり、疲れているので食欲がないことがほとんどです。
睡眠に良いと思われる事をやめてみました
以前の私は、床に就くと物の数分で眠りに就き、夜中にほとんど目が覚める事もなく、朝までぐっすりと眠れていました。ですがここ最近は、それが崩れ始めてしまったのです。 床に就いても30分ほど眠れず、眠れても夜中に何度も目が覚めてしまい、ぐっすり眠る事が出来なくなってしまいました。そのおかげで朝起きても寝た気がせず、体や頭の疲れが取れていないのです。
ぐっすり眠るための対策