良質な睡眠をとるために心がけましょう

良質な睡眠をとるために心がけましょう

不眠症

 

突然ですが、みなさんはちゃんと眠れているでしょうか。

 

一日の三分の一をベッドで過ごすと言われている現代人。働いている時間より、食事をしている時間より、睡眠に使う時間というのは重要なのです。寝つきが悪かったり、途中で目覚めてしまったりしてはいないでしょうか。

 

また、一見眠れているように見えても、睡眠の質が悪い場合は、疲れが取れにくかったりするものです。どうせ同じ時間だけ眠るならば、健康に、質の良い眠りを取りたいですよね、筆者は一時期ひどい不眠症に陥っていました。

 

寝付くのに3時間以上かかってしまう日もざらにあり、「このまま一睡もできなかったら自分は死んでしまうんじゃないか……」という恐怖感に駆られてしまいました。しかし、以下の習慣を取り入れることにより、不眠症が改善されるようになったのです。

 

眠る前にホットミルクを飲む

 

良質の睡眠をとるために必要な物質であるセロトニンを摂取するために必要なトリプトファンが含まれています。

 

眠る前にテレビやスマホを使う

 

光を放つものを見ると神経が興奮してしまい、心身が眠りモードに陥りにくくなってしまいます。

 

ストレッチをする

 

体の異様なこりをしっかりとほぐすことで、心身を眠りモードに近づけます。
「リラックス」が重要事項です。安心させることで不眠症を改善させましょう。

関連ページ

合わない枕と体の負担、運動不足が不眠の原因かも
1年を通して考えたときに、寝つきが悪い時期は確かにあります。 寒い冬や、夏の暑い盛りは、気温の関係で布団に入って寝ても何回も目が覚めることが多いです。 その他にも目が覚める行為があり、寝返りや夜のトイレです。そんな翌日は、睡魔が襲って来たり、疲れているので食欲がないことがほとんどです。
睡眠に良いと思われる事をやめてみました
以前の私は、床に就くと物の数分で眠りに就き、夜中にほとんど目が覚める事もなく、朝までぐっすりと眠れていました。ですがここ最近は、それが崩れ始めてしまったのです。 床に就いても30分ほど眠れず、眠れても夜中に何度も目が覚めてしまい、ぐっすり眠る事が出来なくなってしまいました。そのおかげで朝起きても寝た気がせず、体や頭の疲れが取れていないのです。
ぐっすり眠るための対策
不眠症改善のこと
私の不眠症歴は長いです。 物ごころついた頃から入眠困難気味でした。 赤ん坊の頃、あまりに寝付かないので親が哺乳瓶に睡眠剤を入れたくなる位だったという逸話も聞かされています。